歯周病 🦷 注意報 ⚠️

こんにちは☀️

なかもず動物病院 院長の寺前です。

突然ですが、みなさんは おうちの子に「ハミガキ」はされていますか👨‍⚕️?

・・・・・。あぁ耳の痛い話や…👂

と思われた方、多いのではないでしょうか?

今日はそんな歯のお話です🦷

実は、

3歳以上のワンちゃんのおよそ8割が歯周病にかかっていると言われています😰

それに対して、

おうちでハミガキをしているワンちゃんの割合はとても少ないようです。

日々の診療でも、

「歯がグラグラしてきて痛そう」とか、

「顔をペロペロ舐めてくれるのはいいけど、口が臭くてたまらない」

「…でも嫌がってハミガキはできない」

というご相談を受けることが多いです。

こうした痛み・口臭の原因の多くは歯周病であり、

放置しておくと歯だけでなく、骨が溶けるまで重症化します。

こうした患者さんのアゴのレントゲンを撮ると…

赤矢印で示した部分、歯のまわりの骨が黒く抜けているのがわかりますか?

この部分では 細菌感染により骨が溶けているのです。

こうなった歯は残念ながら抜かなければいけません😢

それから・・ここまで油断していたネコちゃんの飼い主さん!

もちろんこの問題はネコちゃんにも起こります☝️

こんなふうに歯周病が進行して、ご飯が食べられなくなる子も多いんですよ😿

では こうならないためにはどうしたらよいのでしょう?

日頃から 歯みがきやデンタルケアをしっかりして予防するしかありません☝️

ただし、歯みがき ができないからといって諦めないで下さい!

例えば、定期的な歯石除去を行うことで、歯周病の進行を遅らせることができます🦷✨

上の写真では、左が歯石除去、右が歯石除去 です✨

こんなにピカピカになるんですよ〜♪

嫌なニオイもなくなり、これならどれだけペロペロされても怖くありません😉👍笑

また、歯ブラシだけでなく、免疫力を向上させて歯石の付着をおさえたり、ご飯に混ぜて使っていただくようなデンタルケア製品もあります☝️

この機会にぜひ一度、おうちの子たちの歯をチェックしてみて下さい。

「家では口を触らせてもくれないんやけど、大丈夫かな?」

「もうたっぷり歯石ついてるけど、ハミガキだけでいけるの?」

「結構汚いんやけど、抜歯するのはかわいそやしな〜」

いろいろなご感想・疑問があるかと思いますが、悩む前にまずは一度ご相談を。

ご家族にとって無理のない治療、予防計画を一緒に考えましょう👨‍⚕️

院長 寺前

関連記事

  1. ハッピーハロウィン♪

  2. 狂犬病ワクチンを受けました