橈尺骨骨折について① 〜小型犬を飼われている方に気をつけてほしいこと〜

こんにちは☀️ なかもず動物病院 院長の寺前です。

今日から せっかくの三連休なのに残念なお天気ですね☔️

今日は最近気になっていることを書かせていただこうと思います。

近年、トイ・プードル、チワワ、ポメラニアンなど、小型犬の子たちの骨折患者さんが増えています🦴

その中でも、前腕の骨折(橈尺骨骨折)が圧倒的に多いです。

私が以前勤めていた二次診療施設では、

1年間に来られる骨折患者さんの多くがこの橈尺骨骨折で、

1日にこの手術が2、3件、なんてこともよくありました😵💧

なぜこんなに折れるのでしょう・・・❓

例えば先に挙げたような小型犬の腕の骨の太さはどれくらいだと思いますか?

あのふわふわな毛に隠れてわかりにくいのですが、実は前腕の骨は3ミリくらいしかないんですよ〜😱

そのため、

抱っこしていたら暴れて落としてしまった…

フローリングで足を滑らせて…

という理由で前足を折ってしまう子が非常に多いのです。

これから飼おうとされている方、今飼われている方も、生活環境には十分に注意してあげて下さい⚠️

◎床材は滑らない素材にする。

◎ソファやベッドなど、高い所には上がることができないようにする。

◎小さいお子さんが抱っこする時は、座ってから抱くように教える。

些細なことですが、これだけで変わります。

一度、おうちの環境で危険な所がないかチェックしてみて下さい☝️

しかし、残念ながら足をブランとあげて下に着けない、折れているようなら、とにかくお早めに病院にいらして下さい🚗

むやみに放置すると🙅‍♀️

曲がったまま固まってしまったり、

骨が皮膚から出てくることもあり、治療が難しくなります😵

詳しい治療の内容はまた後日書きますが、とにかくまずは予防です。

おうちの子を守るため  日頃から気をつけてあげましょう👨‍⚕️

院長 寺前